見に行ってみんけ?魚津の水循環遺産

魚津の水循環について

魚津の水循環イラスト  水は、海から蒸発して雲となり、雲から雨や雪が降り、それらが集まり川となって海へ帰るという循環を繰り返しています。
これは「水の循環」と呼ばれています。大地に降り注いだ水は、川となって地表を流れるだけではなく、ある部分は地下水となり、また湧き水となって地上に姿を現し、あるいは地表面から蒸発するものなどさまざまな経路を辿ります。
 この水の循環が魚津市という一つのまちで完結しています。海岸から標高2400m以上の立山連峰に連なる山岳に至るまで、直線距離でわずか25kmしかない急峻な地形をもつ魚津市では、毛勝山や僧ヶ岳などの山間部へ降り注いだ雨や雪が、川や地下水となって扇状地を流れ、富山湾へと注いでいます。海へ帰った水は、雲となって雨や雪となり、再び大地に降り注ぎます。
 水はただ循環しているだけではありません。水は森を育み、森の栄養を運び、川や海・里に生きる様々な生物を養い、そして私たちの生活を支えているのです。豊かな自然に恵まれた魚津市は、この水循環の恩恵を受けて成り立っていると言えます。
しかし、この水の循環がいつまでもこのまま続くとは言えません。
 このかけがえのない水循環の恵みを守りながら、未来へ継承していくために何をしなければならないのでしょうか。
今を生きる私たちが考えていかなければならない時が来ています。

さらに詳しい魚津の水循環遺産に関する情報は 魚津市の「魚津水循環遺産」ページを見てね!