ここだけblog 魚津地元民だけが知る「ここだけ」の情報。スタッフが気ままに発信します。

タグ : グルメ
2013.4.17(水)18:18

魚津ハトシ

魚津の新名物! 「魚津ハトシ」「海の駅蜃気楼」 内にあるフードコーナーの 「はまちょう」 にて常設で食べられるようになりました。ヤッタ~!


「魚津ハトシ」 これまで市内・県内で開催されるイベントで何回も売りだされていましたので、食べられたことがある方も多いのではないでしょうか。

見た目は「三角の揚げパン」、その外観からは、まったく味を想像できないからでしょうか、魚津ハトシを食べた方は一様にその美味しさに 「目を丸く」 されます。

実はこの「魚津ハトシ」製造元は、魚津漁業協同組合さんなのです。富山のおいしい魚を毎日水揚げしている漁師さん達が直々に作っているのだから素材も腕も一級品です。

魚津漁業協同組合ホームページ http://www.jf-uozu.or.jp/


でも、そもそも「魚津ハトシ」って何?素材は何なの? 聞いたことないな~って思われる方も多いでしょう。

では、ハトシについて少し解説いたしますと! 「ハトシ」 とは、明治の頃、中国から長崎に伝わった料理で、「海老のすり身」などを「食パン」で挟み、油で揚げたもので長崎郷土料理である卓袱(しっぽく)料理の一品です。
長崎では、その後、一般家庭に広まり、「ハトシ」 は海老に限定せず、魚のすり身やいろいろな素材が使用されることになりました。

「魚津ハトシ」 は、海老に甘海老を用い、魚のすり身を混ぜ、玉葱の他に調味料を加えた魚津風にアレンジした一品です。

さらに、チョイネタですが、「ハトシ」のは中国語表記としては「蝦吐司」と書きます。「蝦吐司」の「蝦」は海老、「吐司」はトーストの意味で、まさにその素材と調理方法をそのまま表した名前なんですね~。

これまでイベント等でしか食べることができなかった、「魚津ハトシ」!只今、1個 200円で絶賛販売中であります!是非お試しあれ!

海の駅蜃気楼のホームページ http://www.shinkirou.jp/index.cgi

「はまちょう」さんにお聞きすると、販売開始からさっそく人気メニューとなって、これはなんだろう?と試しに食べて行かれる観光客の皆さんも多いとか。 取材にいった当日もお孫さんを連れて魚津に遊びに来られたご家族が魚津ハトシを食べておられました。

感想を聞いてみると、甘エビの味が口のなかに広がってとっても美味しいとのこと。けっこうボリュームもありますねと大満足の感想でした。

「海の駅蜃気楼」は、魚津の観光スポット「みなとオアシス魚津」 にあり、周辺は蜃気楼展望地になっています。
運が良ければ神秘的で壮大な自然現象の「蜃気楼」が見られるかもしれませんね!

Tags :
2012.10.22(月)17:17

日曜日だけのそば処 「くぼ多」

国道8号線を走ると魚津市佐伯地内に 「そば処 くぼ多」 の看板。けっこう目立つこの看板、気になっている方も多いのではないでしょうか。
気になる看板のこのお店、なんと、営業日が日曜日だけなんです。
こだわりの匂いがしてきますね~。さっそく訪ねてみました。

吉野地内にある 「そば処 くぼ多」 さんは、店主の窪田さんが自宅の敷地内にお店を出されたという事もあって、まわりは住宅や田んぼといった静かな環境の中にお店がありました。
そば処のノボリ旗を目印にお店に入ると、テーブル席3つのこじんまりと雰囲気の良い店内。白壁と大きな梁が印象的です。

まず一番知りたかった、日曜日だけの営業について質問してみると、「他に生業があるから」と明朗なお答えを受けました。なるほど納得!
平成12年に偶然出会った高校時代の先生に「そば打ち」を進められ、趣味が高じて平成15年7月にお店をオープンされました。

お客様に美味しい御蕎麦を出すことをだけを考えていて、ウンチクを語られることは無いとのことですが、私目、取材ということでいろいろ聞いてしまいました。
やっぱり、こだわりがいっぱいでありました!!!
せっかくですのでいくつかご紹介いたします。
まずは、やはり蕎麦について! 蕎麦は10割そばと外1割のつなぎを使ったお蕎麦で、そば粉は国産にこだわって八ヶ岳の山麓で採れたそば粉を使われておられます。その他の材料も全て国産のもので、例えば鰹節は鹿児島、お塩は沖縄、醤油は長野という具合です。
ダシを作る水は軟水でなくてはダメだということで、水道水は使わず、軟水をわざわざ購入されていそうです。凄い!

ここで材料に関する逸話を一つ!
現在の醤油の仕入先は長野県松本市の「大久保醸造店」さんとのこと。
窪田さん、オープン前に、大久保醸造店さんへ取り引きをお願いしたところ、そばつゆを一回作って持ってきてくれと言われ、さっそく作って持参すると…

その結果は・・・「不合格」

実は、大久保醸造店さんの社長、自分のところの醤油を使って貧乏をするお店があるのが嫌、みんな成功して欲しいという思いもっておられるそうです。
窪田 さんはその後、大久保醸造店さんからいろいろなアドバイスを受けて今のそばつゆを作ることができたということです。
なんだか良い話で胸が熱くなりました。

御蕎麦をいただきました。
もりそば、おろしそば、かけそばをいただきましたがどれもとっても美味しい!
筆者、そばのウンチクは語れませんが、この蕎麦が日曜日しか食べられないなんて残念。いつでも食べた~い思ったのが正直な気持ちです。


故筑紫哲也氏の色紙↓ もりそばを3枚も平らげられたそうです (^v^)

作業場でも大切に大切に蕎麦をあつかう店主の窪田さんとお話していると、本当に御蕎麦が好きなんだなと思いました。
お店をやって一番の財産は、いろいろな人との出会いとおっしゃられていました。
「くぼ多」さん、店名についた 「多」 の文字のように日曜日はたくさんのお客様で賑わうこと間違いなしです!

【そば処 くぼ多】
■住 所 富山県魚津市吉野215
■電 話 090-2373-2189
■営業日 日曜日 AM 11:00~(無くなり次第終了)
■店主名 窪田 勉
■マップ  http://goo.gl/maps/QCqvr

Tags :
2012.9.11(火)23:23

山葡萄の葉におおわれたファザードがお洒落な「果林園」

梨のシーズンですね。果林園さんに行ってきました。

果林園(かりんえん)さんは、魚津の梨の産地「友道」エリアにあります。「友道の梨」は知る人ぞ知る!の美味しい梨で、果林園さんでも8月中旬から収穫される幸水から始まり豊水(9月中旬)、新星(9月中旬)、あきづき(9月中旬)、20世紀(9月下旬〜)など、シーズンを通して美味しい梨が提供されています。

庭先販売のお店は、簡素で農家の雰囲気が味わえるのが 「いい〜感じ」 ですが、果林園さんのお店の入口は山葡萄の葉に覆われたグリーンカーテンになっていて、何気なく店内に吊るしてある照明器具やレトロな什器があいまって、と〜ってもお洒落です。

お店には、梨の他にも、ブドウ、ラフランス、さつまいも、じゃがいもが店頭に並び、綺麗に並べられた果物がこれまたとっても素敵で見惚れてしまいました。 

農園にみずみずしく実る 梨やブドウ


土づくりへのこだわり、有機農法、減農薬に取り組んで作った美味しい梨やブドウを、素敵なお店と素敵な笑顔で提供してくれる果林園さんにいたら、ちょっと自分の心も素敵になった気がしました。

取材に応対してくれた果林園の娘さんに筆者の興味本位で、一番好きな梨の品種を聞いてみたところ、好きな梨は「あきづき」とのこと。
この「あきづき」! 最近開発された品種で、甘味が強くて、ジューシー、サクサク感があって丸くて大きい、なんといっても梨の香りがいいと、良いとこづくしです。作っておられる農家も少ないそうで、「あきづき」狙いのリピーターもかなりおられるみたいですね。
「あきづき」2012年は9月20日頃から本格的に収穫となるそうですよ! 一度お試しあれ!

【果林園(かりんえん)】
■代表 林 乙三(はやしおとぞう)
■住所 〒937-0806 富山県魚津市友道1432
■電話 0765-22-2462
■取扱品目  梨(各種)、ブドウ(各種)、洋ナシ(4〜5種類)、じゃがいも、さつまいも など
■営業期間 8月中旬〜10月下旬頃
■マップ  http://goo.gl/maps/AtXBy

Tags :
2012.4.18(水)19:19

カレー食堂 コロポ です!

こんにちわ。

魚津市経田西町にある、  「カレー食堂 コロポ」 へ ランチに行ってきました。
昨年夏のオープンから、口コミだけでじわじわ人気が出てきているお店で、平日にもかかわらず お昼どきは けっこうお客様がたくさん。


店主が友人と手作りで外観から内装(薪ストーブもある!)まで全部 をしあげたということで、店内は白塗りのカベと木のぬくもりの とてもあったかい雰囲気です。

(河原で ひろってきたという流木、ランタンなどの小物もかわいい!)

スープカレールーカレーの2種類から選べる特製カレー。
はじめての方にはぜひ スープカレーを!という店主のおすすめにしたがって、
とりやさいスープカレー」(1180円) をオーダー。
辛さは5段階から選べ、(私は4にしてみました。)
友人が作ったというご飯(コシヒカリ)もお代わり自由です!

ナス、ネギ、ピーマンにレンコン、ニンジン、カボチャ、ブロッコリ、きのこ・・・

素揚げしてある大きな野菜がころごろっと。
(オーダーが入るたびに一品ずつ揚げられてました!)
野菜そのものの甘味が味わえ、さらにカレールーをからませて
ご飯にのせると、優しい味!
スープカレーは、昆布や鰹節のダシ + 炒めた玉ねぎをベースにルーを
加えていって作るそうですが、このだしの香りが漂って、ルーの香りと
相まって、じょじょに辛さが広まって、、、。

そしてメインの「とり!!」
一度圧力鍋で熱を通してふっくら柔らかくした骨付きもも肉に、
スパイスを練り込んでから 焼き付けるそうな〜。
手間、 かかってますー☆
ジワジワッとくる辛さ、スパイスの香りのなかで、ジューシーな肉の旨味も
バッチリ味わえちゃいます!

ルーの量も多めになので(うれしい!)思わずお替わりしちゃいましたー。
食後には「セントベリーコーヒー」も楽しめます。
次は ルーカレーも試してみよっと。

カレー食堂 コロポ

住所:魚津市経田西町4-27
TEL:0765-32-5502
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:木曜
座席:12(カウンター4×2、テーブル4)

Tags :
2012.2.28(火)00:0

極上たまご

魚津市石垣にある稲盛ファームさん ここの安心安全のこだわりの 「たまご」 はまさに極上であります。

この生みたての「卵」キレイでしょー。最近機会があって何度か訪問させてもらいました。行く度に稲盛ファームさんの「たまご」の素晴らしさを感じるのであります。

黄身はもちろん、ビックリするぐらい白身の盛り上がったこの卵(下の写真)、ニワトリが大人になって初めて生んだ縁起のいい卵です。 生で食べても絶対に美味いという事で、ロッキーのシルベスター・スタローンばりにゴックン。ヤバイです(感動…)。美味い。あま~い。
稲盛ファームさんいわく、本当に良い卵は白身がしっかり盛り上がっているそうです。
この「初産み卵」は、店頭で購入できますよ。

稲盛ファームさんの「ぴよぴよカステラ」 ご存じでしょうか?
見た目はお祭りなどで売っているベビーカステラですが、はっきり言って別物です。極上たまごをふんだんに使っているこのカステラ、冷めても硬くならないし美味しい。お客さんに喜んでもらおうと考案して、地元のイベントで試験販売するといきなり大人気商品に!市外からもわざわざ買いに来られる人もおられるそうです。納得納得。
観光協会で、昨年岐阜県高山市のイベントで販売したところ、やはり人気で、その日の内にリピーターで買いに来られた方も!
ぴよぴよカステラ食べたことのない方、おやつにお土産におススメです!
【ぴよぴよカステラ】 20個入り 300円

(有)稲盛ファーム
住 所 富山県魚津市石垣新3590
電話番号 0765-22-0703
営業時間 9:00~16:00
定休日:木曜日午後からお休み。

Tags :

Profile

うおづ者です。
魚津市観光協会スタッフのブログです。公式な観光情報によらず、ちょっと私的な情報やこっそり教えたい旬な話題などを綴っていきます。

タグ

最新記事