• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 祭り イベント
  • 史跡・歴史

小川寺の獅子舞
平安時代から続く神仏混淆のお祭り

小川寺の獅子舞

その他の写真

小川寺の獅子舞
小川寺の獅子舞
小川寺の獅子舞3
小川寺の獅子舞4
小川寺の獅子舞5
no image
no image
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

”小川寺の獅子舞”は、「火祭り」と「春秋の祭礼」に千光寺観音堂内で奉納されます。
この獅子舞は、古い様式を残しており、神仏混淆(しんぶつこんこう)の行事で、神主、宮総代が従って、神輿が千手観音堂の周りを7回半まわります。
この時に、獅子、天狗、2つのばば面と、1つのあねま面が、露払いを行います。ばば面とあねま面は実在した人物で、推定では宝暦年間(1751~1763年)の人々で「森木三右ヱ門」と「十王堂(じょうど)六兵衛」といわれた豪傑(ごうけつ)と、鬼神の「お松」といわれた女傑だと言われています。
獅子は、二人獅子で、地を這うように頭をゆっくり左右に振り、何かを探るような身振りで腰をかがめて舞い、天狗は先頭に立って右手右足、左手左足を一緒に出してピョンピョン跳ねるように踊ります(南蛮踊り)。ばば面の一人は、身体を斜めにして足を引きずり、もう一人は、両手を広げて、四股を踏むような格好をします。あねまは、袂をゆっくり肩まで振りながら、しおらしげに歩きます。
また、千光寺の本尊千手観世音菩薩のご開帳の際には、別の獅子を使い、形式もことなっています。
秘蔵されているご本尊を、観音堂へ送られる時に、その露払いを務める獅子を、「だいもんさき」といい、雌・雄の獅子が、それぞれ一人の児童を肩に座らせ、児童は左に傘、右に剣を振って露払いをします。

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

■ 火祭り(開催日 1月第4日曜日)
心蓮坊と光学坊が交互に行います。 
午後2時から見学可能

■ 春祭(開催日 3月12日)
■ 秋祭(開催日 10月12日)
白山社を出て、千光寺境内を7回半まわります。
4まわりしたところでみこしを観音堂の前に置き、祝詞をあげられます。
午後2時~3時見学可能

「火祭り、春祭、秋祭」は、千光寺と隣り合う神社白山社で、神事と仏事を一緒に行う珍しいお祭りです。
室町時代からおこなわれてきたというこの祭りは、寺と神社が、古くから地元に息づいていたため、明治時代の神仏分離令の影響を受けず、神仏混淆の祭りとして、今に伝えられています。
千光寺の塔頭は、16坊あったと伝えられていますが、現在残っているのは心蓮坊、光学坊、蓮蔵坊の三坊です。

基本情報

所在地
TEL/FAX −/−
開催時期・時間火祭り・1月第4日曜日
春祭・3月12日
秋祭・10月12日
交通アクセス情報あいの風とやま鉄道魚津駅より 車で20分
市民バス富山地方鉄道バス黒沢線 小川寺 下車
駐車場なし
運営主体小川寺獅子舞保存会
文化財指定など県指定文化財、無形民俗文化財(平成6年2月24日指定) 2006年「とやまの文化財百選」獅子舞百選
施設・設備
撮影スポット
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献 魚津市史下巻(近代のひかり)
記録・ランク
調査対象者
取材元
入井孝博さん
調査日 2011年11月24日
調査担当者 梶谷 由樹
その他特記事項 獅子舞(の踊り)は何十種類あり、その全てを称して「小川寺の獅子舞」と言っています。ただし、県指定を受けているのは火祭り、春・秋祭りに踊られているもののみで、その3回の祭りが神仏混淆の祭りなので珍しいということです。

まめ知識

【獅子舞】
獅子舞に頭を噛まれると、無病息災でいられると言われています
【「森木三右ヱ門」と「十王堂六兵衛」】
「森木三右ヱ門」と「十王堂(じょうど)六兵衛」は欲張りな長者をこらしめたと言われています
【山の境界争い】
小川寺と東山の間で山の境界争いがあり、小川寺側が負けた際、光学坊の住職が命がけで交渉に当たりそれを助けたのが、三右ヱ門と六兵衛の二人で三右ヱ門はそのために命を失ったと言われています

関連情報