• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 特産品・土産品
  • 自然 景勝地

ホタルイカ 蛍烏賊 ほたるいか
富山湾に春を告げるミルキーブルーの光り!

ホタルイカ

その他の写真

ホタルイカ
ホタルイカ
ホタルイカ
ホタルイカ漁
ほたるいか料理
ほたるいか料理
ほたるいか料理
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

富山湾の春の風物詩「ホタルイカ」、青白く光るその姿は「富山湾の神秘」。魚津では三大奇観の一つとされていて、「富山県のさかな」にも選定されています。
富山湾におけるホタルイカの漁獲は定置網でされており、3月から6月が主漁期で、最近では生の状態や生きたままでも出荷されています。
食しても大変美味しく、桜煮や甘露煮、塩辛といった加工品はもとより、お刺身や酢味噌和えなど家庭や飲食店でもよく食されます。

ホタルイカは発光するイカとして有名です。魚津水族館ではホタルイカがとれる3月半ばから5月末までの期間、ホタルイカが飼育展示されています。

ホタルイカの産卵期の3月~6月には、浅瀬まで産卵に来たメスが海岸に打ち上げられることがあり地元ではこれを「ホタルイカの身投げ」と呼びます。ホタルイカの放つ光で波打ち際が青白くきらめく幻想的なシーンがみられます。

【特別天然記念物】
生態的な特徴があり、産業的にも重要なホタルイカを保護する目的で、昭和 27年(1952年)に富山市・滑川市・魚津市の海(常願寺川右岸から旧魚津町までの沖合約1.3kmまでの海面)は、「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物に指定されました。
ホタルイカの生態についてはまだまだ謎が多く、末知の可能性を秘めた生物といえるでしょう。

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

【ホタルイカの生態】
ホタルイカは日本近海に広く分布しており、普段は主に沖合いの水深200m以深の海域でくらしています。富山湾では春に大群をなして産卵のために接岸してくることが知られ、古くから漁業の対象とされてきました。この群れはすでに交尾をすませ卵をいっぱい持った雌がほとんどで、雄はわずかしか捕れません。
 また、その名の示すとおり発光するイカとしても有名です。ホタルイカの発光器は構造から3つの種類に分けられ、それぞれ腕発光器、眼発光器、皮膚発光器と呼ばれています。腕発光器は第4腕の先端に3個ずつある大型の発光器で、刺激を受けると強い光を放つ最も特徴的な発光器です。眼発光器は眼球の腹側に一列にならぶ5個の中型発光器ですが、どんな時に発光するのかはわかっていません。皮膚発光器は外套・頭部・漏斗と第3・4腕にあり腹側を中心に分布する小型の発光器で、数は千個前後もあり、薄明かりの中で体の影を消すのに役立っていると考えられています。

■資料/情報提供 魚津水族館 稲村 修 氏

基本情報

所在地
TEL/FAX −/−
営業時間
定休日
関連サイト富山県ほたるいか協会
施設・設備
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク ホタルイカ群遊海面: 国指定特別天然記念物(昭和27年3月29日指定)
調査対象者
取材元
調査日 2012年2月12日
調査担当者 石原清春
その他特記事項

まめ知識

【富山県のさかな】
ホタルイカは「富山県のさかな」として選定されていますよ(平成8年10月12日)。
選定されたのは、ブリ、ホタルイカ、シロエビの3種
【富山県推奨とやまブランド】
富山県が特に優れた県産品を厳選し認定する「富山県推奨とやまブランド」に富山湾産ホタルイカが認定されています。(平成23年1月28日 認定)
富山県 富山県推奨とやまブランド

関連情報