• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 自然 景勝地
  • 祭り イベント
  • 史跡・歴史

蛇石(龍石)
水神様の宿る石

蛇石

その他の写真

蛇石
蛇石
蛇石祭
龍石祠
龍石祠の由来
蛇石
蛇石
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

片貝川上流、南又谷の河原にある「蛇石」は龍石とも呼ばれ白い花崗岩に貫入した黒い輝緑岩の模様が、まるで石に大蛇か龍が巻き付いているように見えます。大きさは高さ約1.5m、幅約2mです。
昔、三太とういう狩人が巨岩を抱いた大蛇を発見し、不思議な力をもった金と銀の弾を撃ちこんだところ、大蛇は雷鳴とともに石に絡み付いて死に絶え、その恨みが大洪水をおこしたと言い伝えられています。
今でも片貝川に洪水があると、そのたたりと恐れられ、干ばつの時にはこの石を打ちたたけば必ず雷雨を伴うと信じられています。

参考資料:魚津市史、伝説とやま、「水の学び舎」資料

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

蛇石のそばには龍石祠が建立され、片貝川に発電所を持つ北陸電力や、地元住民が春秋2回おごそかに祭礼をとり行い、片貝川水系の農業と電力事業の守り神、雨乞いの石に感謝をしています。
また蛇石は周辺の林道などでみられる岩石とは、比べてみるとかなり様子が違います。蛇石の花崗岩は現在の場所よりも上流の山地をつくっている岩石で、上流から片貝川の水によって現在の場所まで運ばれてきたと考えられます。周辺には蛇石以外にも巨石が多く転がっており、片貝川の水エネルギーの大きさを感じることができます。蛇石の伝説は、水の恵みをもたらす一方で、時折みせる片貝川の恐ろしさをあらわしているのかもしれません。

参考資料
「水の学び舎」資料

基本情報

所在地 魚津市南又 (片貝川上流南又谷) 
TEL/FAX −/−
交通アクセス情報あいの風とやま鉄道魚津駅より県道三ヶ吉島線~市道南又線 19km 車で約40分
市道南又線駐車場から先は、周辺の自然環境保全の目的でマイカー乗り入れ自粛区域となっています。
駐車場市道南又線駐車場  障害者用2台を含めた25台 マイクロバス2台
施設・設備
駐車場ありトイレあり撮影スポット体験できる
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
調査日
調査担当者
その他特記事項

まめ知識

【オロロ】
8月上旬ごろはアブ(オロロ)がたくさんいることがありますのでご注意ください!
【片貝山の守キャンプ場】
近くにある片貝山の守キャンプ場では、バーベキューや家族連れで散策が楽しめます。
【水スポット】
近くの水循環スポットに洞杉、杉ノ尾の岩屋、砂防堰堤、片貝南又発電所、水源の森があります。

関連情報