• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 自然 景勝地

てんこ水
水が川の底からてんこ盛りに沸く

てんこ水 餌指公園

その他の写真

餌指公園の説明看板
てんこ水 民家
てんこ水 利用跡
鴨川の中の土管
てんこ水 民家2
no image
no image
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

てんこ水は、富山県が選定している「とやまの名水」の中で、魚津市から4箇所選定されているうちの一つです。魚津市街地の中心部を流れる鴨川では、川底から透き通った清水が湧き上がっています。
片貝川の冷たく澄んだ伏流水が湧き出ているもので、ご飯を茶碗に、てんこ盛りにしたよう盛り上がって湧き出る形から”てんこ水”と名付けられました。
暮らしとのかかわりは古く、てんこ水は江戸時代初期から利用されていました。地下水の湧き出てくる川底に桶・土管をかぶせ、その水を竹樋や土管で導水し、水道が敷設されるまで鴨川流域のほとんどの家で飲用水や炊事、洗濯に使用されてきました。
今も残されている土管、「てんこ水の井戸」は、民家が立ち並ぶ中にさりげなくあります。 解りづらいですが、よく見ると今も鴨川の中に土管が残っている様子がうかがえます。

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

元池とよばれる湧水場は、現在は鴨川の川底ではなく、数メートル離れた華王寺(けおうじ)の敷地内にあります。元池から引かれた給水は、現在、生活水としてはあまり利用されていません。餌指公園での利用や諏訪町町内の1軒の民家で利用されています。民家の給水口の土管は、以前は上部より噴出していたが、現在は水流が弱くなり下部に穴をあけて水を取り出しています。また、本町(旧餌指町内)にも給水口の土管が残っています。
鴨川の中にみられる導水用土管も、現在は利用されていない部分が多数で道路下に給水管が埋められています。

基本情報

所在地 魚津市諏訪町、本町
TEL/FAX −/−
市民バス市街地巡回ルート 諏訪町・本町二町目
施設・設備
トイレあり撮影スポット
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献 2011年第3回日本海学講座 「魚津の三大奇観と歴史探訪」
記録・ランク
調査対象者
取材元
調査日 2012年1月25日
調査担当者 梶谷 由樹
その他特記事項

まめ知識

【飲まないで!】
てんこ水は、きれいですが、飲料用とはされていませんので飲まないで下さいね!!
【元池】
華王寺の敷地内にある元池は、蓋がかぶせられていてすぐに見ることはできませんが、鴨川沿いにある歩道の脇にあるのですぐにわかります

関連情報