• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 祭り イベント
  • 史跡・歴史
  • 自然 景勝地

戦国のろし祭り
武士が舞い、獅子が跳ねる「のろしが合図じゃー!」

戦国のろし祭りメイン画面

その他の写真

戦国のろし祭り1
戦国のろし祭り2
戦国のろし祭り3
戦国のろし祭り4
戦国のろし祭り5
戦国のろし祭り6
戦国のろし祭り7
戦国のろし祭り8
戦国のろし祭り9
戦国のろし祭り10
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

”戦国のろし祭り”は、魚津市制40周年記念事業として始まりました。
松倉城跡近くの「入場の門広場」と、升方城跡ふもとの「魚津もくもくホール」の2会場で開催されます。
戦国ロマンをテーマに、14世紀の戦国時代、要衝の地として、山城で栄えた魚津を再現しようというイベントです。
甲冑に身を包んだ城主、美しい着物で着飾った姫、侍大将が見学者らを出迎えます。
また、特設ステージでは地元の児童らによる伝統芸能、鹿熊の刀踊り(市指定無形民俗文化財)、金山谷獅子舞などが披露され、歴史がよみがえります。
松倉金山跡の探訪ツアーも、実施されます。

※イベント内容は平成29年調査時のもの

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

松倉城は、松倉山(鹿熊山)の山頂(標高430.9m)に位置する連郭式の山城で、越中最大級の山城です。
上杉謙信に攻め落とされるまで、新川地方を統治していた武将「椎名康胤(しいなやすたね)」が城主を務めていました。
背後に控える松倉金山は、室町から江戸時代に、金の採掘が行われ、その経済力で中世には勢力を誇りました。
升方城はその支城で、松倉城主椎名氏の家老小幡九郎が、初代城主と伝えられています。松倉城跡は県指定史跡、升方城跡は市指定史跡です。午前9時から各会場で「のろし上げ」が実施される他、戦国茶屋がオープンし、地元の特産品を使った軽食の販売や山菜の販売などがあります。

基本情報

所在地 魚津市鹿熊33-1(松倉公民館内)  魚津市吉野1280(上中島公民館)
TEL/FAX 0765-23-1025(商工観光課) 0765-33-9301(松倉公民館) 0765-22-0373(上中島公民館)/0765-23-1060(商工観光課) 0765-33-9301(松倉公民館) 0765-22-0373(上中島公民館)
開催時期・時間平成29年は5月21日(日)9:00~14:30
今年は「よっしゃ来い!!CHOROKU祭り」と同時開催!
交通アクセス情報魚津ICより 車で20分
あいの風とやま鉄道魚津駅より 車で25分(臨時バスを運行)
市民バス魚津駅から各会場へシャトルバス運行予定
駐車場若干
ホームページhttp://www.city.uozu.toyama.jp/
運営主体戦国のろし祭り実行委員会
施設・設備
駐車場ありトイレあり軽食・喫茶あり撮影スポット体験できる
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
市役所商工観光課 広田さん
調査日 2011年12月15日
調査担当者 梶谷 由樹
その他特記事項 かつては金山城跡、天神山城跡、魚津城跡(大町小学校)でのろしがあげられたこともあった。

まめ知識

【公募!】
城主、姫、侍大将は公募によって決まります。あなたも戦国時代の衣装に身を包んでみませんか?
【金山まんじゅう】
和洋菓子のフジタさんでは、戦国のろし祭りにちなんだ、金山(きんざん)まんじゅうを製造販売されています
【山城サミット】
平成24年10月13、14日には魚津市制60周年を記念して、山城サミットを開催。日本全国の山城情報を一度に収集できるので、山城ファンは必見です

関連情報