• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 史跡・歴史
  • 自然 景勝地
  • 特産品・土産品

魚津のうまい水
飲んでみよう「魚津のうま~い水」

魚津のうまい水

その他の写真

駅前「うまい水」
片貝川の清流
てんこ水
片貝川
早月川
魚津のうまい水
no image
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

富山の河川の多くは、日本を代表する急流河川です。
魚津に流れる川は、背後に3000m級の立山連峰を抱え、海迄の距離が短いといった地形の特徴から、山から一気に水が流れ下り 澱むことなく清冽な流れを作っています。
川や地表からしみ込んだ水の一部は、伏流水となって地下を走り、まろやかで美味しい”魚津のうまい水”が生まれmす。
家庭の水道水では、都会のように蛇口に浄化装置をつけなくても、美味しい水がいつでも飲めます。

「とやまの名水」66箇所の内、魚津市からは4箇所選ばれています。
・魚津駅前の「うまい水」
・てんこ水(飲料不可)
・片貝川の清流(飲料不可)
・早月川の清流(飲料不可)

【魚津駅前の「うまい水」】
―故池田弥三郎教授が日本一うまいとおりがみをつけた水―
「魚津の水は、日本一うまい!」と賞賛した、故池田弥三郎教授の発案で、魚津市が、市制30周年を記念して設置した、水飲み場です。
冬温かく、夏は冷たく、のど越しの良いお薦めの、うまい水です。

【坪野の湧水】
冷たくておいしい水が、こんこんと湧き出ています。知る人ぞ知る名水です。

【魚津のうまい水】
毛勝三山の渓流と大雪渓を源とした伏流水を利用した「魚津のうまい水」は、ペットポトルになって、120円で市販されています。

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

<魚津の水循環>
魚津市は、標高2415mの毛勝三山から、水深1000mの富山湾までを、急流“片貝川”がつないでいます。
山に降った雪や雨が、河川水や地下水となって海に注ぎ、海から蒸発した水が、雲となって山や海を潤します。
海→山→川→海という水の循環が、一つの市の中で完結し、その恵みを享受している本市は、世界でも類まれな地域と言えます。
地下水も水量が多く、水質も良好な為、それを求めて進出した企業も少なくありません。
  

基本情報

所在地
TEL/FAX −/−
開催時期・時間
施設・設備
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
調査日
調査担当者 上野 恭子
その他特記事項 「とやまの名水」・・66箇所
   選定に際しては、水質検査結果に基ずく飲用の適・不適は条件とせず、故事来歴の
   有無や住民による保全活動の状況等を勘案し、湧き水・井戸のほか、河川・湖沼・滝等      
   の水環境についても選定されたもの。

まめ知識

【絶賛!】
魚津駅前案内所では魚津駅前の「うまい水」でお茶を入れていますが、皆さん「おいしい」と絶賛です
【井戸水】
海岸線の港町へ行かれた際には大城さん(肉屋さんですが看板なし)の井戸水を是非飲んでみてください(水質検査済み)・・うまい!!港湯が斜め向かいに有り(海の駅蜃気楼、埋没林館より徒歩約5分、足の運動には最適)
【散策】
坪野山城跡散策の際には、坪野迄足を伸ばし湧き水を堪能して下さい。近くには「クリキンディの森」のつなぎがやの老木も有ります

関連情報