• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 祭り イベント
  • 史跡・歴史

愛宕社の火祭り
地域、家庭の平穏無事を火の神様に祈る

愛宕の火祭りメイン画像

その他の写真

愛宕の火祭り1
愛宕の火祭り2
愛宕の火祭り3
愛宕の火祭り4
愛宕の火祭り5
愛宕の火祭り6
愛宕の火祭り7
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

火祭りは、毎年1月26日に、大御幣の祈祷と焼納が行われます。
江戸時代の中頃、魚津の町で、大火が続いたので「防火意識を高めよう」と、火消しの纏(まとい)に似せた大御幣を作り、火伏せの神様 軻遇突智命(かぐつちのみこと)が祭られている愛宕社に、奉納したことが始まりと伝えられています。
大御幣は、高さ5~6mもある青竹の竿頭に榊をさし、火籬(ひもろぎ)、天狗・おかめのお面を、扇子に麻をかけたものを付け、そこから金銀白などの長く切った紙をさげたものです。
この大御幣は、人間の姿を表し、天狗の面は、災いを除き、おかめは、福を招くといい、これを燃納することによって、新しい年の平穏無事を神に祈ります。
魚津神社、八幡宮、諏訪神社が町内を分担し、大御幣が立ててある町内に出向き、祈祷を行い、境内で焼納しています。
魚津には、左義長(さぎちょう)の行事がないため、市民の方々は、この日にお正月飾りや書き初めを燃やしに来られます。

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

昔は1月25日頃になると、太鼓を打ち鳴らし、「幣の銭、ばいの銭。出さんにゃ破るぞ!」と囃(はや)しながら家々を訪れ、大御幣の新調費と「ばい」すなわち、太鼓のばちの代金(太鼓の張替え代)の寄附を強制して歩きました。寄付金が集まると大御幣を作り、出来上がると愛宕社へお札をもらいに行きました。お札には番号がついており、1番札は名誉な事なので各町内一生懸命大御幣作りに励んだといわれています。
翌26日になると、大御幣をかついで町内を廻り、各家々の戸口に差し入れて囃(はや)したて、次に櫓(やぐら)に乗せて太鼓を叩きながら半日、町々を練り廻して午後愛宕社の前に集合し、約30本の大御幣を林立して、互いにその出来栄えを競いつつ、破れんほどに太鼓を叩き、鎮防火災祈祷を受け御幣を焼納しました。
現在は、火祭り当日の3~10日程前に(土・日曜日である事が多い)、各町内でそれぞれ大御幣を作り、街中に立てます。
以前は25日の夜に作っていましたが、いつの頃からか、人の集まりやすい土・日曜日に作り、紙製の大御幣を保護する大きなナイロンをかけて、1月26日まで飾るようになりました。
大御幣を作る町内の家庭には、扇子に麻で縛られた天狗とおかめの面が飾ってあります。
毎年新調する家庭、時期を見て取り替える家庭など様々です。

基本情報

所在地 富山県魚津市中央通り1丁目3-28 
TEL/FAX 0765-24-8883/0765-24-8883
開催時期・時間1月26日 見ごろは11時ごろ
交通アクセス情報魚津ICより車で7分(市街地方向)
市民バス市内巡回コース 中央通りイベントホール前
関連サイト大町公民館
運営主体魚津神社
施設・設備
トイレあり
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献 「炉辺夜話(昭和8年黒田源太郎著)」「歳時記うおづ(昭和53年)」「伝記うおづ(昭和58年)」
記録・ランク
調査対象者
取材元
調査日 2011年09月20日
調査担当者 梶谷 由樹
その他特記事項

まめ知識

【宴】
26日の晩には、それぞれの町内で親睦を深める宴が催されます
【大御幣】
戦前はその出来栄えを競いあったもので、今も全く同じ形の大御幣は一つもありません
【お焚きあげ】
7月24日は愛宕社の春季例祭、お焚きあげを行います

関連情報