• 魚津ライブラリ

情報検索 魚津ライブラリー

  • 施設・レジャー
  • 史跡・歴史

魚津歴史民俗博物館
民俗資料や考古資料で原始・古代からの魚津の歴史がわかる!

魚津歴史民俗博物館 外観

その他の写真

魚津歴史民俗博物館 内観
旧沢崎家住宅
no image
no image
no image
no image
no image
no image
no image
no image
おすすめ月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
おすすめ時間帯
AM(時)
0時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時
PM(時)
12時13時14時15時16時17時18時19時20時21時22時23時
おすすめ指数
ファミリー ★★★★★
カップル ★★★★★
熟年 ★★★★★
体験 ★★★★★
自然 ★★★★★
※疲労度 ★★★★★
滞在時間
短時間向き 長時間向き
どちらでもOK

由来・概要

魚津歴史民俗博物館は、歴史民俗資料館、吉田記念郷土館、旧沢崎家住宅の3つの施設からなります。歴史民俗資料館では、魚津漆器などの伝統技術資料や江戸時代から昭和初期にかけての生活用具・農具・漁具などの民俗資料を展示しています。
吉田記念郷土館では、原始・古代から現代までの魚津の特徴的な事がらを展示紹介し、年に1、2回企画展を開催しています。
また、富山県指定文化財である旧沢崎家住宅は、江戸時代の安政年間、片貝川上流の平沢に建てられた新川地域における山間部の代表的な民家で、山村の生活様式を残しています。

博物館のある天神山は、自然と眺望が楽しめます。
この山は天神山城跡という山城で、天正10年(1582)「魚津城の戦い」で魚津城救援のために上杉景勝が陣を敷いた城です。今も土塁や空堀が残されています。
また、博物館のふもとには、花の森・天神山ガーデンがあり、春にはハナモモやボタン、シャクヤクが咲き乱れ、憩いのスペースとなっています。

(入館料無料)

さらに詳しい情報があります。ご覧になる方はココをクリックして下さい。
 

特長・独自性

魚津の三太郎博士(※)の一人で、世界で初めて大型テレビの公開実験に成功した川原田政太郎博士の資料を歴史民俗資料館にて展示しています。川原田博士は、1990年NHK朝の連続テレビ小説「凛凛と」のモデルにもなりました。

(※)大正から昭和時代にかけて活躍した魚津にゆかりのある3人の博士に「太郎」がつくことから「魚津の三太郎博士」と呼んでいます。川原田博士のほか、稲の研究である盛永俊太郎博士、アンテナ・超短波の研究者である宇田新太郎博士がいます。

基本情報

所在地 魚津市小川寺字天神山1070 
TEL/FAX 0765-31-7045/0765-31-7220
営業時間午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日毎週月曜日(祝日の場合は翌平日) ※冬期間(12月~3月)休館
交通アクセス情報魚津ICより 車で約10分
あいの風とやま鉄道魚津駅よりタクシーで約15分
市民バス天神ルート 魚津歴史民俗博物館下車(徒歩5分)
駐車場約10台(※大型バスの駐車はできません。大型バスで来館される場合は近くの駐車場をご利用できますので、お問い合わせください)
ホームページhttp://www.nice-tv.jp/~rekihaku/
運営主体魚津市
施設・設備
駐車場ありトイレあり身障者トイレあり禁煙喫煙スペースあり撮影スポット
ガイドマークの説明

非表示情報

権利情報
参考文献
記録・ランク
調査対象者
取材元
魚津市教育委員会 生涯学習・スポーツ課 高嶋さんより資料提供
調査日 2016年2月
調査担当者
その他特記事項 魚津市教育委員会 生涯学習・スポーツ課 高嶋さんより資料提供→澤田さん経由→舘投稿

まめ知識

【入館料無料、撮影OK!】
魚津市歴史博物館の多くの展示物は撮影可能です。地元学生さんの調べものや資料収集には嬉しいですね!
【さすが山城!眺望抜群】
戦国時代「魚津城の戦い」にも関わりの深い天神山城跡にあるこの博物館は、吉田記念郷土館4F展望室からの眺めがオススメです!その昔、上杉景勝もこの景色を眺めたのでしょうか?

関連情報